内科・消化器内科 | あかさかファミリークリニック|天満・南森町の内科・小児科・消化器内科
大阪市北区(天満・南森町)の内科・小児科・消化器内科。専門医による苦しくない胃カメラ・大腸カメラ。胃がん検診、大腸がん検診、予防接種、乳幼児健診に対応。大阪天満宮近く、北浜や天満橋方面からもアクセス良好です。

内科・消化器内科

内科について

診療風景 風邪・発熱・頭痛・腹痛などの一般的な体調不良はもちろん、高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病なども含めて、総合内科専門医である院長が総合的に診察いたします。どの診療科に行けばよいかわからない場合でも、まずはお気軽にご相談ください。

内科の対象となる主な症状

  • 発熱
  • 鼻水
  • 頭痛
  • 喉の痛み
  • 胸の痛み
  • 動悸
  • 胸部圧迫感
  • 息切れ
  • 呼吸困難
  • 脈の乱れ
  • めまい
  • 足のむくみ
  • 腹痛
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 血尿
  • 便秘
  • 倦怠感
  • 体重減少
  • 食欲がない
  • 何となく体調が悪い
  • など

消化器内科について

消化器内科は「おなかの痛み・不快感」の原因となるような腹部の病気の診察を専門とする診療科です。専門医である院長が、症状に応じてレントゲン検査や腹部超音波検査、内視鏡検査などを行い、患者さんの状態を正確に診断したうえで、適切な治療をいたします。

消化器内科の対象となる主な症状

  • 胸焼け
  • 胸のつかえ感(食べ物のつかえ感)
  • 嗄声(しゃがれ声)
  • 胃もたれ
  • 胃痛
  • 食欲不振
  • 体重減少
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 腹痛
  • 腹部膨満(おなかが張る)
  • 便の狭小化(便が細くなる)
  • 便通異常(便秘・下痢)
  • 残便感
  • 血便(便に血が混じる・便が黒色っぽい)
  • など

消化器内科の対象となる主な疾患

  • 逆流性食道炎
  • ヘリコバクターピロリ感染症
  • 胃炎
  • 十二指腸炎
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 便秘症
  • 下痢症
  • 胃ポリープ
  • 大腸ポリープ
  • 大腸憩室症
  • 大腸憩室炎
  • 虫垂炎
  • 虚血性大腸炎
  • 消化管出血
  • 潰傷性大腸炎
  • クローン病
  • ベーチェット病
  • 機能性ディスペスシア
  • 過敏性腸症候群(IBS)
  • 膵・消化管神経内分泌腫瘍
  • 肝機能障害
  • 肝炎
  • 脂肪肝
  • 胆石症
  • 胆嚢炎
  • 膵炎
  • 食道がん
  • 胃がん
  • 大腸がん
  • 十二指腸がん
  • 肝がん
  • 膵がん
  • 胆嚢がん
  • など

内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ・大腸ポリープ切除)

内視鏡検査室

苦痛の少ない、精度の高い内視鏡検査

内視鏡治療の先進施設でたくさんの早期がんの患者さんの内視鏡治療を担当させていただき、手術前の早期発見、診断、精査内視鏡検査から術後の経過観察まで綿密に診察をおこなってきました。 がんの治療後の患者さんは、術後も定期的にカメラをすることが推奨されていますが、その都度患者さんに負担が生じ、楽なことではありません。そのため、どうすれば、より苦痛が少なくきちんとした検査を受けていいただけるか、ということを常に意識しながら、日々診療に努めてまいりました。

また、がんというものは、早い時期に見つかれば見つかるほど、より体に負担が少なく治すことができますが、早期がんというのは、一般的に自覚症状はほとんどありません。そのため、自覚症状のない段階で、積極的に検診などをきちんと受けることが大切です。ただ、早期がんは、小さかったりわかりにくかったりすることも多く、がんの内視鏡治療経験の豊富な専門医による検査を受けることが望ましいです。

当クリニックでは、これまで培った技術や経験を活かして、皆様により苦痛の少ない、先進施設と同レベルの精度の高い検査と診療を丁寧に行っていきます。

何かしら症状がある際の検査はもちろん、自覚症状がない時期の定期検査や検診を積極的に受けましょう。

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)

上部消化管内視鏡検査は、主に食道、胃、十二指腸の一部が検査対象となります。様々な上腹部症状(胸焼け、腹部膨満感、胃もたれ、胃痛等)の検査ために行うほか、健診・ドック等のバリウム検査において要精査となった方の検査としても行います。当院では口からの検査のほか、より細い内視鏡を使用して鼻から(経鼻)の検査も可能です。当院の胃カメラ検査は、患者さんのご希望にあわせて、鎮痛剤(痛み止め、咽の“おえっ”となる反射を少なくする薬)、鎮静剤(眠たくなる薬)を使いながら、苦痛の少ない検査を行います。また、食道、胃、十二指腸だけでなく、可能な範囲でのど(咽頭)にも炎症やがんがないかも観察します。咽頭、食道、胃、十二指腸に症状の原因となるものはないか、炎症やがんやポリープ等がないかをていねいに観察します。

大腸内視鏡検査(大腸カメラ)

内視鏡を肛門から挿入し、主に直腸から盲腸の全大腸を観察する検査です。下痢や血便などを引き起こす原因、ポリープや大腸がん、炎症などの異常が起きていないかを調べます。当院では検査後の腹部の張り・痛みなどの苦痛を少なく検査をお受けいただけるよう、内視鏡用炭酸ガス送気装置を併用し、ご希望に合わせて麻酔(鎮痛・鎮静)下に行うことが可能です。また、カメラを挿入していく際の痛みをより少なくするために、「水浸法」という方法(検査時に空気をいれて腸を膨らませるのでなく、水を満たして検査する方法)でカメラの挿入を行っております。
当院では、内視鏡による大腸ポリープの日帰り手術(切除)を行っております。大腸カメラ検査の際に、治療が望ましいとされるポリープを発見した場合には、患者様のご同意のもと、安全に切除します。切除法は一般的なポリペクトミー、粘膜切除術(EMR)以外に、前任地で院長も積極的に報告してきたUnderwater EMR(浸水下EMR)も用いて切除を行います。
大腸内視鏡検査の前処置として、1.5Lほどの下剤を当日朝から飲んでいただきますが、初めてで自宅で飲むのが不安な方や遠方の方などはクリニック内で行うことができます。個室の前処置室をご用意しており、専用トイレもありますので、検査まで安心してゆったり過ごしていただけます。
また、胃カメラ・大腸カメラの同日検査や、下剤を飲まない大腸カメラも対応していますので、術前診察の際にご相談ください。

がん検診・健康診断について

当クリニックでは、大阪市のがん検診や各種健康診断を行っております。
胃がん検診は、胃カメラの検査予約をお取りください。
大腸がん検診や特定健診は、内科診察の時間帯に随時行っておりますので、WEB又は電話からご予約ください。
各種健康診断は、健診内容により料金が異なりますので、事前に電話でお問い合わせください。

胃がん検診(胃カメラ検査)

当クリニックは、大阪市胃がん検診(胃内視鏡検査)取扱医療機関です。
大阪市にお住まいで満50歳以上の方は、胃部エックス線検査(バリウム検査:1年に1回)と胃カメラ検査(2年に1回)を選ぶことができます。
バリウム検査が苦手な方や、まだ胃がん検診を受けたことがない方などは、一度胃カメラでの胃がん検診を受けてみてはいかがでしょうか。

※大阪市胃がん検診マニュアルの規定により、胃がん検診の胃カメラで麻酔を使用することは出来ません。予めご了承ください。
「オエッ」となる咽頭反射が強くご不安な方は、経鼻内視鏡を使用することで軽減されますのでご相談ください。

対象:50歳以上の大阪市民の方(ただし、当該年度末までに50歳の誕生日を迎える方も含む)
  • 受診の際は、マイナンバーカードや運転免許証など住所・年齢を確認できるものをお持ちください。
  • 受診間隔:2年に1回
    ※自治体が実施する胃カメラ検査を受けた翌年度は、大阪市の胃がん検診(胃部エックス線検査・胃カメラ検査とも)を受診できません。
  • 料金:1,500円(無料になる方もおられます)

詳細については、大阪市のホームページをご確認ください

大腸がん検診

当クリニックは大阪市大腸がん検診の取扱医療機関です。
大腸がん検診は、大腸からの出血の有無を調べる免疫便潜血検査を行います。より正確に調べるために2日間行います。
受診初日は、問診と検査方法のご説明を行い、採便キットを持ち帰っていただきます。採便できればご提出していただき、後日結果説明を行います。

対象:40歳以上の大阪市在住の方(ただし、当該年度末までに40歳の誕生日を迎える方も含む)
  • 受診の際は、マイナンバーカードや運転免許証など住所・年齢を確認できるものをお持ちください。
  • 受診間隔:年度内に1回
  • 料金:300円(無料になる方もおられます)

詳細については、大阪市のホームページをご確認ください

特定健診

特定健診とは、40歳から74歳までの方を対象に行われる、いわゆるメダボ健診のことです。
日本人の死亡原因の約6割を占める生活習慣病(がん、心臓病、脳卒中、糖尿病など)のリスクをより高くするメタボリックシンドロームを早期に見つけるために健診を行います。
ご自身の健康状態を確認するために、1年に一度、特定健診を積極的に受診し、健康づくりにつなげましょう。

対象者:以下の40歳~74歳の方(ただし、当該年度に75歳に達した方も含む)
  • 市町村国民健康保険加入者
  • 健保組合や協会けんぽ、共済組合などの被用者保険加入者の被扶養者(家族)
  • 国保組合被保険者など

※当日必要な持ち物(受診券、保険証、問診票など)や自己負担金は加入保険によって異なりますので、必ずそれぞれの医療保険者にご確認の上お越しください。

※ご来院の際、検査前10時間以上の絶食が望ましいとされています。

※後期高齢者医療保険の被保険者で75歳以上の方、及び65歳~74歳の方で大阪府後期高齢者医療広域連合の障害認定を受けている方は、医療健康診査の対象となります。健診内容は特定健診と同様で、当院でも実施しております。


大阪市国民健康保険の特定健診について、詳しくは以下のリンクをお読みください。

一般健康診断

雇用時や入学時の健康診断、定期健診などに対応いたします。
健診・検査内容により価格が変わりますので、まずは電話でお問い合わせください。

健診内容 価格(税込)
法定健診(雇入れ時健康診断及び定期健康診断) 8,800円

医療系・栄養系・保育系・教育系の職員の入職時や学生の実習前に必要な感染症抗体検査なども行っております。お気軽にご相談下さい。

大人の予防接種について

当クリニックは大阪市の予防接種指定医療機関です。可能な予防接種は以下となります。ワクチンの在庫確認が必要なため、診察時にご相談頂くか、事前にお電話にてご確認ください。

ワクチン名 価格(税込)
高齢者用肺炎球菌ワクチン 定期接種 4,300円
その他の方 7,700円
帯状疱疹ワクチン(シングリックス) 22,000円
風疹ワクチン 5,500円
麻疹ワクチン 5,500円
MRワクチン(麻疹・風疹混合) 8,800円
子宮頚がん予防ワクチン(ガーダシル) 16,500円
B型肝炎ワクチン 5,500円
A型肝炎ワクチン 7,700円
髄膜炎菌ワクチン 24,200円
狂犬病ワクチン 17,600円

渡航前ワクチンのご相談も受け付けていますので、まずは電話でお問い合わせ下さい。

医療系・栄養系・保育系・教育系の職員さんや学生さん向けの予防接種(B型肝炎・はしか・風疹など)もおこなっております。実習前に必要な抗体検査や予防接種で悩まれている方は、お気軽にご相談下さい。

当院でできる検査

  • 血液検査(院内) わずかな採血量で血液一般検査および炎症反応CRPの測定をおこないます。感染症、貧血、血小板減少のチェックもできます
  • 血液検査(外注) 生化学検査、HbA1c、アレルギー検査、腫瘍マーカー、感染症検査など
  • 内視鏡検査:胃カメラ・大腸カメラ
  • X線検査(レントゲン)
  • 超音波検査(エコー)
  • 感染症の各種迅速検査 インフルエンザ、溶連菌、ノロなど
  • ピロリ菌検査
  • 尿検査
  • 便検査

内科・消化器内科

診療時間
 9:00~12:00
13:30~15:30
16:00~18:00

◎…診察/胃カメラ

●…診察

□…大腸カメラ(完全予約制)
ただし土曜は第2・第4週(13:00~15:00)のみ

休診日木曜午後、土曜午後、日曜、祝日

小児科

診療時間
 9:00~12:00
14:00~15:30
15:30~17:00

●…診察

☆…予防接種/乳児健診(完全予約制)

休診日火曜・木曜・土曜午後、日曜、祝日

06-6882-1515

〒530-0043
大阪府大阪市北区天満2丁目15-15 2・3階

大阪メトロ谷町線・堺筋線「南森町」駅より 徒歩約7分
JR東西線「大阪天満宮」駅より 徒歩約6分
京阪本線「天満橋」駅より 徒歩約9分
大阪シティバス「東天満」停留所より 徒歩約2分

※近隣にコインパーキングがあります。

駐輪スペース4台(1階 調剤薬局前)
MAP
  • 医院外観医院外観
  • エレベーターにて2F受付へエレベーターにて2F受付へ
PAGETOP
Copyright © 2021 あかさかファミリークリニック All Rights Reserved.